下久徳の田の神

種別
有形民俗文化財
内容
員数
1
寸法
製作年
明和五年(1768)
所在地
姶良市蒲生町下久徳413-1
所蔵者
管理者
指定年
昭和43年3月29日
解説
三池原の田之神は農民が田の豊作を祈る祭の偶像として徳川中期以降に出現した。 この田之神は、明和五年(1768)に造られたもので自然石に浮彫されメシゲと椀を持ち「奉造田之御神庚申講」と刻まれている。 田之神と庚申の同体としても珍しく石碑型では県内の代表的な田之神像である。
蒲生下久徳田の神全体 庚申碑文拡大 ①下久徳の田の神
下久徳田の神(全体) 庚申碑文拡大 田の神周辺状況