久末棒踊り

種別
無形民俗文化財
内容
民俗芸能
員数
寸法
製作年
所在地
姶良市蒲生町久末
所蔵者
久末地区棒踊保存会
管理者
久末地区棒踊保存会
指定年
平成16年7月20日
解説
由来は不明。久末の踊りは六尺棒と三尺棒、三尺棒と鎌の打ち合いである。旧姶良町の住吉から伝えられたとも、久末から住吉に伝えたとも言われている。先山がない。〔人数〕六尺棒8人、三尺棒8人、鎌・六尺棒が替わって打つ。初めに六尺と三尺と鎌とが打ち合い、刀が勝つ所作、次に三尺と鎌と切り合い、鎌が勝つ所作である。〔服装〕六尺棒・鎌持ちは女物の浴衣にモモヒキ。帯は赤黄の布を縄にない結ぶ。鉢巻は頭の脇に挟み垂らす。白足袋。三尺持ちの服装は六尺棒と同じで、鉢巻きを頭の両脇につのに作るのが異なる。〔歌詞〕お城が山で 前は大川 鎌の柄が折れて 三ばおくれた 焼野の雉は 岡の背に立つ抱きよて寝れば 月が冴えこむ 〈後山〉「お市ごけじょ」という田の神舞をする。