久末田の神舞

種別
無形民俗文化財
内容
民俗芸能、御田植え祭りに多人数で踊られる豊作祈願の踊り
員数
1保存会
寸法
製作年
由来不明
所在地
姶良市蒲生町久末
所蔵者
久末田の神踊り保存会
管理者
久末田の神踊り保存会
指定年
平成16年7月20日
解説
田の神踊りは、狂言風の野外劇である。道踊り・餅つき・庭もどしの3幕からなる。                            〔登場人物の衣装扮装〕 田の神:羽織・ハカマ・白足袋・ゾウリ・頭に烏帽子、手に御幣。セベウ:浴衣・ハカマ・陣羽織・白足袋・ゾウリ、世話役:頭に烏帽子・手に扇子。三吉:浴衣の裾をはしょり、白又は赤の帯でタスキ、手拭のほおかぶり、頭にひょうたん、股下に赤い異様のものを下げる。お市ごけ女:絣の着物に前掛け、赤だすきに姉さんかぶり。腰巻きは赤で手にメシゲとお盆をもつ。顔は白化粧し、ほお紅を丸く大きく塗る。コンゴ:浴衣に紅白のタスキをして裾をはしょる。勢子:紙の面をつけ、手拭でほおかぶり、手に杵の代わりに棒を持つ。                        〔構成人数〕田の神1、セベウ1、三吉2、お市ごけ女1、コンゴ20、用具持ち小太鼓1、拍子木1、小鉦1、笛1、歌手1.*田の神は小男、お市ごけ女は大男、セベウは村の頭役が務める、三吉はひょうきんで機転の利く者、ごけ女は悋気を演じる。
新しい画像 (13)
道踊り(ミツガキ)