刀匠墓

種別
記念物(史跡)
内容
員数
寸法
製作年
江戸時代後半
所在地
姶良市加治木町 東楽寺墓地
所蔵者
個人
管理者
個人
指定年
昭和43年9月20日
解説
薩摩刀の起源は、平安時代に大和国から鹿児島の谷山に刀鍛冶がやってきて、「波平」という刀工一門が桃山時代以前に隆盛した。近世になると、様々な流派が増え、江戸時代後半からは、加治木でも竹廻間(たかば)家から「池系」と呼ばれる刀工が出て活躍した。現存作品数は多くなく、「隅州住貞宗」と銘を切った日本刀が市指定文化財となっている。                      〇池 正光 宝暦4年(1754)11月15日生まれ。伯耆守正幸に師事し、文化2年(1805)8月6日死去。                〇池 正景 正光の長男で、安永9年(1780)6月26日生まれ。文久2年(1862)9月6日85歳で死去。                           〇池 盛荷(正路) 正景の長男で、文化3年(1806)2月7日生まれ、明治3年(1870)2月19日65歳で死去。
刀匠墓全景 貞宗
刀匠墓全景 市指定文化財「隅州住貞宗」