初午祭 鈴懸け馬

種別
無形民俗文化財
内容
年中行事
員数
寸法
製作年
所在地
姶良市加治木町木田
所蔵者
初午祭御新馬保存会
管理者
初午祭御新馬保存会
指定年
昭和44年5月19日
解説
初午祭は鹿児島神宮の末社保食神社(馬頭観音)が中心となって行われるもので、馬は保食神社でおはらいを受けたのち、本宮に参詣する。加治木では鹿児島神宮との昔からの関係で、毎年旧暦18日の最初に木田の馬が参拝している。この馬踊りには男女ともべに・おしろいを美しく塗り、手拭いで頬かむりし、派手な模様の衣装をつけ、足には脚絆代用の白布・白足袋・ゾウリをはき、裾を端折って太鼓・三味線に合わせ、手拍子をそろえて馬の周りを賑やかに踊り廻るのである。首を振りながら後足でいせいよくはねて踊る。馬のにはたくさんお鈴をつけ、五色の布で飾られた御幣・紙張りの初太鼓をつけ、顔の両側には各集落の名を書いた旗をつけてある。馬踊りの歌には、次のようなものがある。  1.さても見事な、八幡馬場よ、鳥居におハトが巣をかける。2.踊れ踊れ踊れば花じゃ。踊らんにゃ損じゃ。  
144加治木初午祭 馬踊り1 馬踊り2
馬踊り1 馬踊り2 馬踊り3