加治木町木田の田の神

種別
有形民俗文化財
内容
員数
1
寸法
高さ65cm×幅56cm
製作年
明和4年(1767)、江戸時代
所在地
姶良市加治木町木田
所蔵者
管理者
指定年
昭和43年3月29日
解説
隈媛神社の前にある、桃木野石を用いた高さ65cmの神像型の座像である。 鼻を少し損じているが、穏やかな表情で、ひもを背中に長く垂らした冠を被り、両裾は左右に跳ね上がっている。両手を前で合わせて輪をつくり、この中に笏を差したものと思われる。明和4年(1767)の刻銘があり、神像型座像の田の神の中では、最も古いものである。背面の刻銘は、「明和四丁亥正月■日、上木田村衆中」 右手には享保年間の庚申記念碑がある。
木田の田の神全景 田の神本体 木田背面 庚申
木田の田の神全景 田の神前面 田の神背面(明和四年正月) 享保の庚申記念碑