吉左右踊・ 太鼓踊

種別
無形民俗文化財
内容
民俗芸能
員数
寸法
製作年
所在地
姶良市加治木町西別府
所蔵者
管理者
指定年
昭和36年8月16日
解説
加治木町に伝わる太鼓踊は,その由来が古いことで知られている。特に西別府地区の太 鼓踊には吉左右踊が付随している点に特色がある。 踊りは,もとは旧暦の7月16 日,17 日に行われていたが,現在は新暦の8月16 日に踊られる。 太鼓踊は毎年踊られるが,吉左右踊は隔年に踊られる習しであった。 吉左右踊は,ドラ打ちという道化役2人(赤狐・白狐という)と数人以上の踊り手2組で構成される。白絣の着物を着て頭に毛頭をかぶり,薙刀を持った朝鮮軍と,黒絣の着物を着て白鉢巻を結び太刀を持った薩摩軍とが,互いに向い合って斬り結ぶ間を,赤狐・白狐がひょうきんな身振りで踊りまわる 狐は 島津義弘が朝鮮での戦いで道に迷ったとき 2匹の狐が道案内をしてくれたという伝説にもとづくものとされる。このような伝承がついてはいるものの,吉左右踊は元来は棒踊りの変形したものとして理解される。 太鼓踊は,陣笠をつけた兵士姿の者が背に黒い鶏の羽根のついた矢旗を負い,胸には締 太鼓をさげ,左右に足をあげながら太鼓を打ち,勇壮に踊る。 昭和五十一年(1976)記録作成等の措置を講ずべき無形の民俗文化財に国に より選択された。
DSC_0086 DSC_3579 吉左右踊り63 吉左右踊り70 西別府吉左右踊り