名山楼詩集版木

種別
有形文化財(書跡)
内容
書跡
員数
61
寸法
製作年
寛政12年(1800)
所在地
姶良市加治木町仮屋町250
所蔵者
姶良市
管理者
姶良市教育委員会
指定年
昭和29年3月15日
解説
「名山楼詩集」は、寛政12年(1800)2月に加治木家島津久徴が著した詩集である。この版木は精巧な作りであり、近世における薩摩藩の文化を知る上で貴重なものである。現存しているのは、初稿及び第2編の版木61枚である。島津久徴は、宝暦2年(1752)に生まれ、錦水と号した。錦水の詩風は唐・宋・明の格調で端麗なのが特長であり、詩句は厳格だがやや技巧的といわれている。
1名山楼詩集版木1 2名山楼詩集版木2 3名山楼詩集版木3 4名山楼 5名山楼詩集印刷
名山楼詩集版木1 名山楼詩集版木2 名山楼詩集版木3 名山楼 名山楼詩集印刷