大井上神社伝来の墨書材

種別
有形文化財
内容
天正17年前後の神社造粒の経緯を柱へ墨書したもの
員数
3点
寸法
長さ147×幅26×奥行11㎝
製作年
天正17年(1589)2月29日
所在地
姶良市加治木町仮屋町250
所蔵者
姶良市(旧大井上神神社)
管理者
加治木郷土館
指定年
平成17年8月10日
解説
加治木町小山田の大井上神社へ伝来し、昭和42年の社殿改築の際に墨書材3点が確認されたので、加治木郷土館へ寄贈され、平成17年に指定された。墨書の内容は、「豊臣秀吉が九州に侵攻してきて、これを島津勢が迎え撃ったが敗北し、島津の殿様は京都へ連れていかれた。心配していたら、殿様は無事帰国し、領国安堵ということになったので、感謝してこの神社を造った。」と当時の様子が詳しく書かれている。
墨書柱貫材 貫材拡大
墨書柱(貫)材 墨書柱(貫)材拡大
データ