宮脇棒踊り

種別
無形民俗文化財
内容
民俗芸能
員数
寸法
製作年
所在地
姶良市蒲生町上久徳
所蔵者
宮脇地区棒踊保存会
管理者
宮脇地区棒踊保存会
指定年
平成16年7月20日
解説
由来不明であるが、古来国分八幡のお田植えに踊りを奉納してきた。「宮脇の又打ち」といい、枝が早く一つ余計に打つ所作があり、六尺棒と三尺棒を使う。〔服装〕浴衣(両前脇を帯に挟む)、鉢巻き、六尺棒持ちは後に垂らす。三尺棒持ちはツノといい、額の両横に突出しを作り結ぶ。今は両棒ともに後ろ長く垂らす。帯はダテ巻きの上を青布帯で締める。タスキは白を主に五色の布タスキ。はだし。後山はない。〔人数〕踊り手3組18人、歌2,3人。〔先山〕昔は御幣、今は青竹に集落名を入れた旗をつけたものを持つ。〔歌詞〕おせろが山は 後は山で前は大川 抱きようて寝るに 月が冴えこむ 娘がぼぼは 婿がなごさん