寺師臥竜梅

種別
天然記念物
内容
植物、梅林
員数
3~5本
寸法
製作年
所在地
姶良市寺師336・338
所蔵者
井ノ口・井之脇両家
管理者
個人
指定年
昭和63年7月25日
解説
隅州(大隅)の寺師臥龍梅は、日州(日向)の高岡の月知梅、薩州(薩摩)の東郷藤川天神の臥龍梅とともに三州三梅の一つと言われている。しかしながら、寺師臥龍梅については、江戸末期刊行の『三国名称図会』には記述がなく、幕末明治にかけての若い梅である可能性がある。昭和63年の指定時には老木30本を対象としたが、その後の台風災害や水害などにより、多くが枯れてしまい、現在ではわずかに数本が残るのみである。地元では、近辺の同種の梅を寄付してもらい、梅林の空白箇所へ植え直し、新たな梅林として整備し直している。梅林の一角には綱天神があり、菅原道真に因んだ伝説を伝えている。                                明治35年の鉄道開通以後は、当時の帖佐村の名所として喧伝され、毎年観梅会が行われ、最寄りの駅に臨時列車が仕立てられたこともあった。
165寺師の臥竜梅 DSC_9327
昭和63年頃 平成25年春