山元碗右衛門墓

種別
記念物(史跡) 
内容
江戸時代の龍門司焼陶工の墓
員数
寸法
H81×W55㎝
製作年
1813年
所在地
姶良市加治木町小山田 扶蔵院墓地
所蔵者
川原輝夫
管理者
川原輝夫
指定年
昭和44年5月19日
解説
山元碗右衛門は、加治木島津家に招かれ、加治木城南麓の棚目(山元窯跡)で高級な碗や皿を焼いていたが、のちに元禄元年(1688)頃に小山田に移り、庶民に親しまれる龍門司焼の基礎を築いた。碗右衛門は「龍門司焼の陶祖」と呼ばれ、この墓は4代碗右衛門の墓である。山元家は4代で途絶えたが、同じ陶工であった川原・波多野・犬童家が製陶に従事し伝統をよく伝えた。 [正面刻銘] 文化十癸酉年 霊玉堂虚玄居士 二月二日 [側面刻銘] 享年七十九 山元碗右衛門
山元碗右衛門夫婦墓 碗右衛門墓側面
四代山元碗右衛門墓 文化10年(1813)2月2日、享年79