岩剣神社石橋

種別
有形文化財
内容
建造物(橋梁)
員数
1
寸法
長さ4.66m,幅2.16m
製作年
嘉永2年(1849)
所在地
姶良市平松 岩剣神社境内
所蔵者
岩剣神社
管理者
岩剣神社
指定年
平成3年2月15日
解説
この石橋は、境内鳥居前を流れる小川に幕末の嘉永2年に架けられた石橋である。架橋当時は鹿児島城下において、肥後の石工岩永三五郎が活躍し、五大石橋を手掛けている。この石橋は最後に架けられた玉江橋と同年の完成となる。『有村家萬古案記』によれば、嘉永2年の項に「岩剣宮下之橋、太鼓橋御出来 相成四月方より石取抔取付有之候処、八月成就」とある。平成5年8月の鹿児島大水害の際、この橋は一部破損流失したが、翌年神社の協力により修復した。岩剣神社は旧重富郷の郷社である。創建年代は不明であるが、島津義弘は平松城在城の頃、しばしば参詣し神舞を奉納し、神領六十石余と神林を寄付したという。
岩剣神社石橋 支保工 image0 岩剣神社石橋神社護岸修復 岩剣神社挿絵
岩剣神社石橋 H5豪雨による破損状況 H6修復後 平成26年2月石橋護岸修復状況 『三国名称図会』挿絵
データ
岩剣神社石橋実測図