島津忠朗墓

種別
記念物(史跡)  
内容
江戸時代の加治木島津家初代の墓
員数
寸法
H166㎝
製作年
1675年
所在地
姶良市加治木町 能仁寺墓地
所蔵者
加治木島津家
管理者
加治木島津家
指定年
昭和44年5月19日
解説
島津家久の三男であり、島津義弘の遺命により、その隠居の地であった加治木郷に領地を得て、加治木島津家を創設した。島津忠朗(忠平)は叔母の千鶴に代わり江戸で人質として7年間暮らし、寛永2年(1625)7月15日に加治木へ戻った。寛永8年加治木屋形の西に新邸を築き、翌年に移った。同年10月忠朗は家久から家臣として加治木西衆をもらい、のちに東衆も加え、317家を数えた。忠朗は当主の地位に約40年間あり、延宝4年(1675)2月16日、61歳で死去した。加治木島津家は以後、13代続き現当主義秀氏に至っている。
能仁寺墓地全景
島津忠朗墓