島津都美墓

種別
記念物(史跡) 
内容
江戸時代、島津重豪の母記念碑
員数
寸法
H335㎝(碑文H237㎝)
製作年
1761年
所在地
姶良市加治木町木田2841
所蔵者
加治木島津家
管理者
加治木島津家
指定年
昭和44年5月19日
解説
長年寺の先号は、大樹(寿とも)寺といい、昔から加治木城ふもとにあったが、義弘や家久の加治木屋形へ移転後は、鬼門に当たることになったため、寛永14年(1637)この地へ移転したという。寛文9年(1669)加治木島津家によって、福昌寺末寺の松齢山長年寺と改称された。加治木島津家出身の藩主島津重豪の母「正覚院(島津都美)」のために立派な亀墓(亀趺キフ)を安永7年(1777)に建立している。碑の傍らには、「正覚院貞範妙雅大姉」と刻まれた墓がある。
1島津都美墓 2長年寺墓地参道 4長年寺墓地群 5六地蔵塔 6石造層塔
島津都美の墓全景 長年寺墓地参道 長年寺墓地群 六地蔵塔 石造層塔