川原芳工墓

種別
記念物(史跡) 
内容
江戸時代の龍門司焼陶工の墓
員数
寸法
H138.5㎝
製作年
1798年
所在地
姶良市加治木町小山田 扶蔵院墓地
所蔵者
川原家
管理者
川原家
指定年
昭和44年5月19日
解説
川原芳工は、川原藤兵衛の二男であり、十左衛門種甫という。初代山元碗右衛門に協力し龍門司焼の隆盛に尽力した。鹿児島藩窯の竪野窯に学び、肥前・筑前・備後・京都・尾張・伊勢などの先進地を巡り修行したという。天明6年(1786)加治木の弥勒に磁器窯の皿山を新設し、寛政6年(1794)には花倉窯を創始し、薩摩焼の発展に大きく貢献した。寛政10年(1798)に72歳で亡くなった。 [正面刻銘] 寛政十戊午歳 陶仙成功居士 十一月十七日 [側面刻銘] 行歳七十弐歳 川原十左衛門
川原芳工墓 寛政10年11月16日没 刻銘行歳72歳川原十左衛門
川原芳香工の墓 正面刻銘 側面刻銘