後藤塚

種別
記念物(史跡) 
内容
江戸時代初期、島津義弘家臣として殉死した。
員数
寸法
H115㎝
製作年
1619年
所在地
姶良市加治木町木田2481-2
所蔵者
姶良市
管理者
姶良市
指定年
昭和38年12月27日
解説
山路後藤兵衛種清は、島津義弘公逝去後に亡骸が加治木を出発する元和5年(1619)8月16日に、実窓寺磧で殉死することを約束した8人の中の一人である。帖佐からここまで来たときにすでに7人が切腹したと聞き、この地で切腹することにし、周りにいた人へ近くの石を指して、先に殉死した7人にあの世で逢えたらこの石を三つに割って見せようといい、切腹し果てたのちに石は見事に三つに割れたと言い伝えられた。傍らには、明治44年建立の加治木島津久賢撰文の記念碑がある。
後藤塚全景 三石 後藤塚記念碑
後藤塚全景 三つに割れた石 後藤塚記念碑