春花の太鼓踊り

種別
無形民俗文化財
内容
員数
寸法
製作年
所在地
姶良市春花
所蔵者
春花地区
管理者
春花太鼓踊り保存会
指定年
昭和49年5月15日
解説
踊りは最初、道太鼓という打ち方で会場の後方から前に進んでいく。隊列が整うと、向って左手の頭打ちが勢いよく左回りに走り出す。これを「逆走り」といい、一回半程度回りる。この時、右手の頭打ちと後ろの太鼓打ちは、右回りにゆっくりと円陣を組む。初めの踊りは「庭入り」と呼ばれている。終わりに近づくと、左右の頭打ちが三角形を描きながら元の位置に戻る。この動きを「セキ寄り」という。この一連の踊りを3回繰り返す。2回目と3回目の「逆走り」の後に鉦打ちの一人が、「入り鉦」を行う。踊りは「退き太鼓」を合図に終わる。                              歌詞は次のとおり、伊勢ん熊野にうづらがほける  むかえん土手に 鳴く鈴虫が    何とほけるか 立ち寄り聞けば   何と鳴くかと  立ち寄り聞けば        姶良町内には、以前各地区に太鼓踊りが残っていましたが、今ではここ春花地区だけが、その伝統を守っている。
鉦隊 太鼓2 一丁太鼓 お化粧 平成19年11月18日記念写真
鉦隊 鉦と太鼓 一丁太鼓 太鼓踊りのお化粧 平成19年11月18日記念写真