椿窓院殿供養塔

種別
記念物(史跡) 
内容
戦国時代、加治木領主肝付兼盛の元夫人墓
員数
寸法
H140.5㎝
製作年
江戸時代
所在地
姶良市加治木町木田2841
所蔵者
加治木島津家
管理者
加治木島津家
指定年
昭和44年5月19日
解説
この供養塔は、島津忠良(日新公)の三女西姫のものである。西姫は戦国時代に加治木領主であった肝付兼盛の夫人となり、息子兼寛を生んだのち離別となり、伊作亀丸城へ帰り、天正11年(1583)に亡くなっている。肝付兼寛はのちに萩原寺(加治木中学校南)に石塔を建て、母の霊を弔った。西姫の法号「椿窓寺殿椿窓妙英大姉」に因み、萩原寺を椿窓寺と改称したので、近くには椿窓寺墓地がその名残りとして残っている。         〔正面刻銘〕椿窓寺殿椿窓妙英大姉                       〔背面刻銘〕干時宝暦十一年辛巳三月朔日 当山十三世前大慈薬山捗乾道 元享謹誌 日新公御嫡女                                        〔右側面刻銘〕天正十一年癸未閏二月三日御之法
椿窓寺殿 椿背面 右側面
椿窓寺殿供養塔 供養塔背面刻銘 右側面刻銘