欄干橋擬宝珠

種別
有形文化財
内容
加治木屋形前の欄干橋擬宝珠
員数
7
寸法
高さ32㎝×径15㎝
製作年
江戸時代初期
所在地
姶良市加治木町仮屋町250
所蔵者
姶良市
管理者
姶良市教育委員会
指定年
昭和41年3月25日
解説
この擬宝殊(ぎぼし)は仮屋町曽木家の東南角に架設されていた欄干橋のものである。終戦後の昭和24年、戦災復興の都市計画街路によりこの橋は撤去され、加治木護国神社東にある島津義弘公薨去地碑へ移されている。江戸時代には欄干橋は擬宝殊橋と呼ばれ、義弘公が帖佐から加治木へ移転する前年の慶長11年(1606)に、居館前の堀へ架けられた。唐(から)かねの擬宝殊には、「慶長拾一年 丙午 三月吉日」の刻銘がある。擬宝殊は当初10個であったが、現存するのは7個である。加治木郷土館で一部が展示されている。
欄干橋擬宝珠 慶長11年擬宝珠 欄干橋絵葉書 S24
欄干橋擬宝珠 擬宝珠銘文 彩色絵葉書(明治41年) 欄干橋2 昭和24年