米丸兵児踊り

種別
無形民俗文化財
内容
民俗芸能、
員数
多人数
寸法
製作年
所在地
姶良市蒲生町米丸
所蔵者
米丸兵児踊り保存会
管理者
米丸兵児踊り保存会
指定年
平成16年7月20日
解説
兵児踊りは、蒲生兵児が出水に赴くさまを取り入れたものと伝承する。米丸地区に伝承されたものは、大正7年ごろ祁答院町大村地区で踊っていたものが、旧山田村木津志に伝えられ、さらに柊野地区に踊りつがれ、米丸の踊りに取り入れられたという。踊りは豪放で、頭を振り体を張り、足を上げて大げさに飛び跳ねる。ユーモラスで明るい踊りである。〔人数〕普通20~30人が円陣を組む。〔用具〕拍子木1組、太鼓1、木太刀、太刀飾り。〔衣装〕シュロ皮のカツラ、ワラジ、シュロ製の脚絆、浴衣、色タスキ、腰提げ、紅化粧。                                   〔踊り〕ヤーホイ・ヤーホイ・ヤァホイ・ホイ・ホイ・ホイソゥラ(掛け声)、          スットコトン・トン(太鼓)、ソラ(掛け声)、スットコトン・トン(太鼓)、トン・トン・トン、    トン(太鼓)、キャッ・キャッ(拍子木)、キャッ・キャッ・キャッ(拍子木)、2回3回繰り返して円陣を作りながら踊って回る。                              〔セリフ〕「モーシ・兵児(へこ)さん・兵児さん・オマヤ・ドコへユカシャンス」、「オイドマ・イズンニ・ナゴサンニ」、「ソンナラアタイモツレテ、ユカシャンセ」、「コマイコドモハ、ジャマニナル」、「ナンノジャマニナルモンヤ」、「ソンナラケ・モウケ・イッキケ」、ソラ(掛け声)・スットコトン・トン(太鼓)、ソラ(掛け声)・スットコトン・トン(太鼓)、トン・トントン(太鼓)、キャッ・キャッ(拍子木)、トン(太鼓)、キャッ・キャッ(拍子木)、「米丸の兵児じゃ、まだ見知らんかー」、トン・トン(太鼓)キャッキャッ(拍子木)、トン(太鼓)キャッ(拍子木)トン(太鼓)キャ(拍子木)トン(太鼓)キャッキャ  以上を数回繰り返して踊る。
米丸の兵児踊り 米丸兵児踊みしたんか 米丸2 トンきゃっきゃ 木津志兵児踊り
米丸の兵児踊り(H23年5月22日五社神社) まだ見知らんか 米丸の兵児じゃ トン・キャッキャ(太鼓と拍子木) 参考:木津志兵児踊りS63年