網掛地蔵

種別
有形民俗文化財
内容
江戸時代の石像
員数
1
寸法
H158㎝(像高さ71㎝+蓮華台座H17+八角形H42+基礎28)
製作年
1795年
所在地
姶良市加治木町網掛橋西袂
所蔵者
向江町
管理者
向江町
指定年
昭和45年7月20日
解説
網掛地蔵には次のような言い伝えがある。むかしある漁師が網掛川で網を打っていると、網に重いものが入ったので、注意して引き上げてみると、魚ではなくお地蔵様であった。大変珍しいことなので、川のほとりに安置すると、多くの人がお参りするようになり、「願いをかなえる地蔵」として有名になったという。現在の網掛地蔵は向江町の人々が寛政7年(1795)に新しく造ったものである。
網掛地蔵全景2 網掛地蔵石欄 網掛橋電灯架設芳名碑
網掛地蔵全景 網掛地蔵高欄の碑 網掛橋電灯架設芳名記念碑