義堂和尚墓

種別
記念物(史跡)
内容
墓碑
員数
寸法
H137㎝
製作年
所在地
姶良市加治木町 東楽寺墓地
所蔵者
島津義秀
管理者
島津義秀
指定年
昭和43年9月20日
解説
義堂和尚は、加治木島津家の菩提寺である能仁寺の開山である。能仁寺は加治木島津家初代忠朗が鹿児島城下の福昌寺末寺として、万治2年(1659)端山にあった般若寺跡に建立した曹洞宗の寺である。その後、能仁寺は寛文10年(1670)に日木山へ移っている。義堂和尚は、山城国(現京都府)宇治の旅僧で、加治木へ来た時に島津忠朗の信任を受け、この地へ留まったという。
開山義堂和尚墓 能仁寺僧侶墓 開山義堂和尚墓4
開山義堂和尚墓 能仁寺僧侶墓 義堂和尚墓全景