肝付氏の墓

種別
記念物(史跡)    
内容
墓碑
員数
寸法
H125㎝(右端墓塔)
製作年
室町時代
所在地
姶良市加治木町日木山522
所蔵者
個人
管理者
個人
指定年
昭和38年12月27日
解説
大永7年(1527),島津忠良は加治木城の伊地知重貞を攻め破り、戦功として肝付兼演(初代)に加治木の一部を与えた。天文3年(1534)兼演は溝辺城から加治木城へ移った。兼演は蒲生・渋谷両氏と連合して島津氏に対抗したが、天文19年(1550)に貴久へ降伏し、改めて加治木の領地をもらった。文禄4年(1595)の太閤検地で、加治木の地は豊臣秀吉の直轄領となり、4代兼三は喜入に移された。右端の墓塔は加治木肝付3代兼寛(利翁守益庵主)のものという。
加治木肝付氏墓全景 加治木肝付3代兼演墓 兼演(利翁守益庵主) 加治木肝付家墓2
加治木肝付氏墓全景 加治木肝付3代兼寛墓 兼寛(利翁守益庵主) 加治木肝付墓2