葛城彦一墓

種別
記念物(史跡) 
内容
墓及び記念碑
員数
寸法
H137㎝、記念碑H250(140+基礎110)㎝
製作年
明治13年
所在地
姶良市加治木町 真光院墓地
所蔵者
個人
管理者
個人
指定年
昭和44年5月19日
解説
彦一は、江戸時代後期の文化14年(1817)生まれで、早くから国学を志し、20歳の時に江戸へ出て平田篤胤に師事し、多くの学者や志士と交流をしていた。鹿児島へ帰ると、藩内は跡継ぎ問題でお家騒動が起こり、斉彬派と久光派に分かれて争っていた。過激な斉彬派の動きのため、主立った者は厳しい処分を受けた。(お由良騒動)身の危険を感じた彦一は、同志の相良藤次とともに筑前藩主黒田斉溥を頼り亡命した。後には、近衛家に仕えて幕末維新の京都で活躍した。
葛城墓 贈正五位葛城彦一翁碑 葛城彦一看板
葛城彦一墓 贈正五位葛城彦一翁碑 解説板