西一峰墓

種別
記念物(史跡)
内容
員数
寸法
H153㎝
製作年
1638年
所在地
姶良市加治木町錦江町170 観音寺墓地
所蔵者
西家
管理者
西家
指定年
昭和42年1月18日
解説
西一峰(いっぽう)は明国(中国)南京出身の人であり、天正5年(1577)26歳で日本に渡り、島津義弘に仕えた。豊臣秀吉が薩摩へ攻め入った際には、川内泰平寺にきた秀吉と囲碁を打ったという。一峰が明国の情勢に詳しいため、秀吉は大変喜び、帷子一重を与えたという。西一峰は日向耳川合戦や文禄慶長の役に従軍し、通訳として活躍したという。寛永15年(1638)12月22日、87歳で亡くなった。
DSC_2907 DSC_2908 西一峰刻銘
西一峰墓全景 墓拡大 墓側面刻銘