西浦棒踊り

種別
無形民俗文化財
内容
民俗芸能
員数
寸法
製作年
所在地
姶良市蒲生町西浦
所蔵者
西浦地区棒踊保存会
管理者
西浦地区棒踊保存会
指定年
平成16年7月20日
解説
棒踊りは六尺棒と3尺棒・鎌を激しく打ち合わせて踊りもので、古くは御田踊りといい、国分八幡神社へ奉納された。踊りの歌詞や六尺棒で地を突く仕草は地霊を呼び覚ます豊作祈願の芸能とされる。振付には棒術の影響があるという。この踊りは蒲生の諸集落でも踊られていた。西浦と北は同様の踊りであったという。西浦は後山に金山踊りをすることがある。
西浦棒踊
西浦棒踊