諏訪山板碑

種別
記念物(史跡) 
内容
石造物
員数
寸法
H1m(推定)×幅25㎝×厚さ15㎝
製作年
1328年
所在地
姶良市上名1105番地
所蔵者
池田氏
管理者
池田氏
指定年
昭和40年3月31日
解説
この板碑は上名内山田の諏訪神社跡にあり、この山はお諏訪さぁと呼ばれ親しまれている。別名は為朝城。諏訪神社は明治2年に加治木の諏訪神社へ合祀されたという。境内地後の一角に高さ1mの板碑が建っている。上部の山形および条線が欠けており、額部から主尊は残りがよい。主尊と偈・紀年名の間が大きく折れ接合されている。主尊は金剛界大日如来の梵字バンが薬研彫りされている。偈・紀年銘は以下のとおりである。「奉書写卒塔婆 一万六千本  (梵字) 嘉暦戊申三 十一  〇〇妙典二部 」
118諏訪山板碑 為朝城跡平面図
為朝城跡平面図