金山橋

種別
有形文化財
内容
一連アーチ式石橋
員数
1橋
寸法
長さ約23m、幅約4.2m、川床からの高さ10m。
製作年
明治12年(1879)
所在地
姶良市加治木町小山田井手向
所蔵者
姶良市
管理者
姶良市
指定年
平成元年3月30日
解説
江戸時代には、旧街道である大口筋は龍門司坂を超えて小山田に通じていたが、明治になると、横川の山ヶ野金山を経営していた島津家は、金山から積出港であった加治木の舌出し(港)まで新たに道を開き、この橋を第1金山橋とし、ほかにも架橋した。金山橋を渡った鉱石は加治木城内を抜け、山麓の口の町から新道を通っていた。明治20年代になると、勾配の緩やかな加治木城東中腹を通る道(現道)が開通している。 金山橋上流には、板井手の滝があり、金山橋と一体感のある独特な景観を醸し出している。
50金山橋