銅鏡 秋草双雀文様一面

種別
有形文化財(工芸品)
内容
工芸品
員数
1面
寸法
直径20.15cm
製作年
鎌倉時代
所在地
姶良市蒲生町上久徳 蒲生八幡神社
所蔵者
蒲生八幡神社
管理者
蒲生八幡神社
指定年
大正7年4月8日
解説
この鏡は蒲生八幡神社に保存されている。蒲生八幡は保安4年(1123)に蒲生院の総領職であった蒲生上総介舜清が、豊前(大分)の宇佐八幡の分身を移して建立したといわれている。鏡の直径は20.15cmあり、裏面に秋草と雀が克明に刻まれ、内区と外区の界線にかまわず、外区から内区へ秋草を配し、2羽の雀が鈕(ちゅう)の片側に飛び上がって鏡面の秋草を生かした文様は、日本的な味を横溢させており、いわゆる藤原鏡の特色をよく表している。蒲生八幡神社には、他にも多数の鏡や11面の面が伝世されています。
蒲生八幡神社銅鏡(重文) 蒲生八幡神社拝殿全景 三国名勝図会正八幡若宮挿絵 蒲生八幡銅鏡正八幡銘
銅鏡 秋草双雀文様一面 蒲生八幡神社拝殿全景 三国名勝図会正八幡若宮挿絵 蒲生八幡銅鏡正八幡銘